顔シミ取り 化粧品

結局、シミを消せる化粧品はどれ?

 

20代後半から突然できた頬のシミを消そうと思って市販のシミ消しクリームを使って対策をしていました。2ヶ月間ほど真剣に(朝晩2回、忘れずに塗ってました)使っていたのですが、全くと言っていいほど効果を実感することはありませんでした。 (結構有名なクリームなんですけどね。)

 

大好きな佐伯チズさんやIKKOさんの本を読んでシミの消し方を勉強したり、化粧品の特徴をたくさん調べていくうちに、シミの消し方で大事なのは次の2点だとわかりました。

■シミの消し方で大事なこと

  1. 肌の深部にあるシミの原因(メラニンによる色素沈着)に美白成分を届ける
  2. ターンオーバーを正常化にするために、肌に充分な潤いを与える

 

つまり、肌の奥までしっかりと水分と美白成分を浸透させられる化粧品の選定が大切とうことでした。

 

ですが、手を洗うと水を弾くように、肌は外部からの物質を弾く性質があるので、一般的な化粧水や美容液では肌の奥まで浸透させることはかなり難しく、シミを消す効果の高い化粧品はほとんどないのが現実だそうです。化粧水をつければ自然とスッと馴染んで浸透していくわけではないですからね。

ミエ

 

 

 

私がこれまで使ってきた化粧品の中で一番のお気に入りは、このb.glenという製品です。
これに出会えたおかげで、長年悩んでいたシミを消すことができました。
浸透力の重要性がよーく理解できた化粧品です。


bglen
ビーグレンはアメリカの科学者が、スキンケアに悩んでいる奥さんのために自身の研究分野(ガンなどの治療)の技術を応用して作られた化粧品です。奥さんが使っている化粧品は浸透力がないのを見抜き、本当に効果のあるものを作ろうと思い立ったのが開発のきっかけだそうです。

 

知名度は高くなく、宣伝もしていないのですが、使用者による口コミだけで販売数を年々伸ばしている理由は、きっとあなたも使ってみればすぐにわかると思います。(まずは使った翌日の肌のハリが良くなっていることを実感できるはずです。)

 

さらに、こんな嬉しいこともありました

  • 格安のトライアルセットで気軽にお試しできる
  • 365日間の返金保証付き(スゴイ)なので安心!!
  • 年に数回のビッグセール(1〜3割引くらいかな?)あり
  • 公式サイトに書いてあるとおり、営業の電話は一切かかってきません( ←さすがの自信!)

 

悪い口コミもありました。

たまーに、臭いが嫌という口コミがあったので気になっていましたが、クサイというほどではくて「良い香りがしない」という程度で安心しました。むしろ、変に香りをつけていないのが効果重視で良いかなと思ったくらいです。

 

ミエ

 

 

 

初めて使った翌日の朝、洗顔時に肌のモチモチ感にビックリしたのを今でも覚えています。
シミが薄くなってきたのを実感できたのは1ヶ月くらい経った時だと思いますが、その頃には肌の状態はかなり良くなっていたので、周りから”最近肌ツヤいいね”と言われるようになっていました。


 

>>b.glen (ビーグレン)の公式サイトはこちら<<
    ↑ ↑
製品の効果や返金保証、トライアルセットについて詳しく掲載されています。

 

 

顔シミ 消す方法

 

すでに顔シミの消し方については触れましたが、自宅でのケアと美容皮膚科での消し方についてまとめてみます。

 

まずは自宅でのケアですが、化粧水で充分な保湿をしてハイドロキノンという成分が配合されている美容液を塗るだけ。ただし、これらの化粧品は肌への浸透が高いことが必須条件であり、現在販売されている美白化粧品のほとんどはこの条件を満たしていません。美白化粧品として売られているわけですからハイドロキノンなどの有効成分は含まれているのですが、浸透力が高くないためにシミの原因であるメラニンによる色素沈着の箇所まで到達せず、やがてはあえなく肌の浅い部分で蒸発してしまいます。

 

ですから、肌への浸透力が高い化粧品を使うこと。シミの消し方とは結局これに尽きますが、その化粧品の選定が一番難しいかなと思います。様々なところで宣伝されている有名なシミ対策の美白化粧品(しかもなかなか高価な製品)であってもそれほど浸透力が高くないというのは珍しい話ではありません。

 

一方、自宅でのスキンケアによる消し方ではなく、美容皮膚科でも効果的な対策ができるようです(こちらは実際にやってみたわけではないので断言はできませんが…)

 

美容皮膚科での消し方としては主にレーザー治療が行われますが、レーザーによりメラニン色素を破壊するという方法を取ります。破壊後はかさぶたができてしまいますが、それが剥がれ落ちれば治療は完了で、その期間は10日ほどなんだとか。実際にレーザー治療をする動画も美容皮膚科のホームページで見ることができるところもありますが、ほんの一瞬の照射で、痛みも「輪ゴムでパチンと弾いたような痛み」なんだそうです。それくらいなら特に怖がる必要もないかなという印象です。

 

自宅でのケアよりも遥かに短時間で結果が出るので魅力的ですが、費用はやはりこちらの方が高くなってしまいます。利用者が増えれば必然的に費用も下がってくるでしょうけれど、それでもやはり自宅でのケアに比べるとだいぶ高くなってしまうというのは否めませんね。

 

顔シミ消したい

 

顔のシミって見た目年齢を確実に上げてしまう厄介なものですよね。鏡で自分の顔を見てもすぐに目が行ってしまい毎回嫌な気持ちになってしまいます。他人からの視線もシミの方へ向かっているのが感じられるのも珍しくはありませんが、実際に私自身を振り返ってみても、他の人のは気になってなぜか見てしまうことはよくありますからね。

 

そんな嫌なシミですが、いざ治すとしてもなかなか消し方がわからないという困ったものであり、その原因のほとんどは効果のない(もしくは低い)消し方(と思っている方法)をしている点に尽きると思います。ただそれもいたしかたなく、世に出回っている美白化粧品の大多数は、薄くする効果のあるハイドロキノンなどの成分を含んではいるものの、肝心の浸透力が高くなく、着色の根本原因に到達せず、その力を発揮できずに終わってしまいます。

 

これが正しい顔のシミの消し方だと思って美白化粧品を毎日頑張って使っていても、結局はいつまでも消すことができずに日々を費やすという徒労に終わってしまうのですが、それではいつまでもお金も時間も無駄にしてしまいます。

 

ですから、本当に効果の高い顔のシミの消し方を探している方々の少しでも参考になればと思い、このホームページを作成してみました。これからもまだたくさん消し方に関して学んでいこうと思っているので、随時更新をしていく予定です。

 

■消し方サイト編集後記

 

どうしたらシミを消せるのかと消し方を真剣に勉強すると、それまでのクリームでは消せない理由がよくわかりました。簡潔に言うと、シミの原因(着色部分)は肌の奥(真皮)にあり、それまで使っていたそのクリームはそこまで浸透していなかったのです。しかも、一般的に売られているほとんどの美白化粧品は浸透力が低く、肌の表面までしか入れずに蒸発してしまうということがわかりました。

 

顔のシミを消すには、肌の深部まで浸透してシミの原因(メラニンによる色素沈着)にアプローチできる美容液と、肌に充分な水分を与えターンオーバーを促す化粧水を用いることが大切だとわかりました。早速、『浸透力』をキーワードに化粧水と美白美容液を探してみると、いくつか候補を見つけられましたので、実際に色々と試してみるうちに、やっと効果が高いお気に入りの化粧品を見つけられました。